〜松本を楽しくする、松本から発信する〜

WEBマーケティング

  • HOME »
  • WEBマーケティング

WEBマーケティングと聞くと、まずホームページを立ち上げることだったり、Facebookを使って拡散してもらったり、様々なイメージを持たれると思いますが、私たちが提案するWEBマーケティングには、「基本と応用」、「長期と短期」、「無料と有料」といった考え方があります。

 

「基本と応用」

基本:長期的に変わらないもの

ホームページ、ブログと「検索」

多くの方が利用しているGoogleやYahoo!などの検索エンジンというものがあり、ユーザーは興味のあるものをキーワードを入れて検索(ググる)します。

ググった時に上の方に出てくる、気になるタイトルのページを観るというステップでホームページやブログに着地(ランディング)するという基本的な行動を考えればどのようなページを作って、検索された時にちゃんと表示されるようになっているかどうか対策(SEO対策)する必要があります。

また、検索した時に上位表示されるように広告費を支払う、「Googleアドワーズ」や「Yahoo!リスティング」なども併用できます。SEO対策には時間がかかるため、立ち上げ直後はこれらの広告を回すことが必要不可欠です。

これが今までも、そして恐らくこれからも変わらないWEBマーケティングの基本であると考えています。

応用:時代で変化するもの

SNSなどの流行りのメディア

現在(2018年)でいえばFacebookやツイッターが比較的前から使われてきたSNSで、急速に伸びてきたInstagramなどが新しいSNSというように、SNSに関してはその時代の流行が大きく影響します。

広く使われていたSNSが、5年後には廃れてしまって誰も見なくなる、といったことも可能性として低くありません。

応用的なメディアの利用は、流行に乗り遅れないように使って、かつ効果が薄くなってきた時にストップしても大きな影響が出ないように、メインは基本のホームページ、ブログ、そしてSEO対策と考えつつ、サブでSNSなどを使うというやり方を推奨しています。

 

「長期と短期」

プッシュとプルの考え方

基本と応用のところでも触れましたが、「検索する」という行動は、すでにユーザーが自主的に行動しているため、「来客」つまりプル(引く)ことでの集客技術です。

プッシュとは、例えばユーザーからみれば「Facebookを見ていたらたまたま広告が流れてきたから見てみた」というものです。これはこちらからプッシュするタイプの集客技術と言えます。

基本的にはすでに行動を起こしているユーザーの方が、そもそも想いがある状態のため効果が上がりやすいと考えられます。なるべくならプッシュよりもプル型の集客を目指すため、やはり検索をメインとした基本を強化することが重要です。

 

「無料と有料」

本当のコンテンツマーケティングとは

利益を与えてから利益をいただく

ここでの無料と有料とは、無料で出す広告と有料で出す広告ということではありません。ユーザーから見て無料か、有料かということです。

ブログやホームページに、情報をたくさん載せていたとします。そうすると、ユーザーはそこで自分の欲しい情報を無料で得ることができます。この時点で、ユーザーに利益を与えたということになります。

そこで生まれるものが「信頼」であり、さらに言えば「Give & Take」の精神がユーザーに存在していれば、こちらの提供するサービスを買ってくれる可能性が高まります。

俗にいうコンテンツマーケティング(ホームページに情報をたくさん掲載して集客する戦略)の本当の意味は、まず価値、利益を与えることにあります。その付加的な要素として、SEO対策にも役立つということです。

 

コンサルティング契約について

成果報酬型の契約をさせていただきます

基本的には成果に応じて報酬をいただく形での契約をさせていただきます。

(例. 新規顧客獲得時に見込み売り上げの10%をコンサルフィーとして頂戴する等)

コンサルティング・提案の規模に応じて契約形態をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

>>お問い合わせはこちら

 

事業内容

整体&トレーニング「スタジオコア」運営
新規事業企画コンサルティング
WEBマーケティング企画コンサルティング

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.