〜松本を楽しくする、松本から発信する〜

企業理念

  • HOME »
  • 企業理念

企業理念

〜「変わり者」〜

社名である「オフザウォール」は、「変わり者」という意味を持っています。たとえ「変わり者」であっても、その強い個性によって誰かが喜ぶのなら、それはひとつの社会貢献であると信じています。
「変わり者」が集まり、新しいものを生み出して発信し、たくさんの人の心が豊かになるという未来を創ること。それが私たちに与えられた使命であると考えています。

 

〜松本のために出来ること〜

私たちは企業として、どうしたら松本という地元地域を活性化するという、恩返しができるのかを考えています。

松本から発信する

県外、海外の人に、松本から発信するサービスを喜んでもらうという努力を、企業や個人がしていかない限り、松本の中だけで経済を回したところで地域が活性化するという事はありえません。

県外、海外から人が来ること。松本に住みたいと思う人が増えること。松本から発信したものやサービスを受け取る人が増えること。これが本当に地域を活性化させるために必要なものであると考えています。

私たちはこの場所から、世界に誇れる価値を生み出し続ける企業を目指し、本当の意味での地域活性化を実現します。

松本を楽しくする

私たちは、松本にいる人たちがどうやったら楽しくなるのか、生活の質(QOL)が向上するのか、という視点で常に新しいものや場所を考え、面白い人たちと協力しながら創っていくことで、社会への貢献を図っていきます。

地域が抱える様々な問題、例えば「子育て・教育の難しさ」「高齢社会における経済」などを解決するための糸口を、民間企業として探し出し、実行します。

 

〜「仕事」と「お笑い」〜

ボケは常識から生まれる

仕事というのは基本的には「誰か」に「喜んでもらう」ことで成り立ちますが、お笑いの構造とよく似ていると考えています。

ボケの非常識をツッコミで常識に戻し、見ている人が共感することで笑いが起こるという風に考えられるので、「ボケ役は非常識」と捉えがちなのですが、実は常識人でなければできないのがボケ役ではないかと思います。

常識を正しく理解しているから、意図的に外すことができる。常識を知らずにボケるというのは、ただの天然ボケであって、まぐれでしかボケることができません。たまたま笑いが取れるレベルでは、それを続けていくことは難しくなってしまいます。

仕事も同じで、世の中が今どんな常識があって、どんな状況変化があって、潜在的に何が求められているかを察知できなければ、新しいムーブメント(笑い)を起こすことはできないと考えています。

誰かを喜ばせるため、常に高くアンテナを張り、正しく常識を捉えながらボケをかます。そんな企業でありたいと思います。

 

 

事業内容

整体&トレーニング「スタジオコア」運営
新規事業企画コンサルティング
WEBマーケティング企画コンサルティング

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.